feedly hatebu line pocket facebook twitter rss github pinterest muku

ライフゲーム

ライフゲーム(Conway’s Game of Life)とは、
1970年にJohn Horton Conwayが考案した生命を簡易的に模倣したシミュレーションゲームである。
(参照 ライフゲーム-wikipedia)
・・・みんなで遊ぶと楽しいボードゲームの人生ゲームのことではありません(笑)


最近ニコニコ動画を見ていたらとても面白い動画を見つけまして、
『ライフゲームの世界』(ニコニコ動画、複雑系コミュニティのはむくん)
全9回にわたるシリーズの動画なんですが、BGMも動画編集も内容もセンスがものすごくいいです!まるで映画を見ているような気分になるような壮大さがあります。
なんで今まで気づかなかったんだろう・・・。
Gollyというサイトから実際にライフゲームができるソフトをダウンロードできるみたいです(Google playなどからもインストール可らしい)ので、僕も実際に作ってみました。
・ライフゲームの簡単なルール説明
1.それぞれのマスは白(生きてる)か黒(死んでる)のどちらか
2.白い(生きている)マスは、周囲8マスのうち2,3マスが白なら次の瞬間も白(生存)。0、1、4~8マスの場合は黒にかわる(死亡)
3.黒い(死んでいる)マスは、周囲8マスのうちちょうど3マスが白なら、次の瞬間は白になる(誕生)
Gosper Glider Gun!
gosper_glider_gun
延々とちっこいグライダーを生み出し続けます(笑)
よちよちと飛んでいくグライダーがかわゆい
シェルピンスキーのぎゃすけっと
gascket
ただのまっすぐな線を引くと、なんとあのシェルピンスキーのギャスケット、が生まれます!神秘的だぁ。
参考サイト
Golly Game of Life (http://golly.sourceforge.net):ソフトがダウンロードできます。
LifeWiki (http://www.conwaylife.com/wiki/Main_Page):いろいろ載ってます。
ライフゲームの世界-人工知能に関する断創録 (http://aidiary.hatenablog.com/entry/20130105/1357353184)はむくんさんの動画がまとまってます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーリンク