feedly hatebu line pocket facebook twitter rss github pinterest muku

選択

何かを選ぶことをかたくなに避けようとする自分がいる

人生は選択の連続で、選択を避けること無しに生きていくことはできない。行動すればそれが結果へ結びつく。一秒たりとも選択を迫られないことはない。ただそれでも選択を避けようとする。選択を避けることなどできないのに。

一度取ったはずの選択をわけもなく見直しては不安になり、選択のあらを探しては何とかして訂正しようとする。選択を引き延ばすために暇をつぶし、考えるふりをする。

熱しやすく冷めやすい。目の前の者すら真面目に見ようとはしない。これはまだ選択していない。だから自分には可能性がある。そういいきかせて、何かの可能性をつかんだ記憶はない。

がけっぷちにいるのに、崖に背を向け、背中からだいぶしているかのようだ。

何もみず、何も考えず、ただ身を任せ落ちていくだけ。

選択したつもりがないからやり遂げるもなにも、始まってすらないと思ってる。人生は決定論ではないのに、理知というベールはまるで選択肢など存在しない世界像を映す。

みんなが当たり前に知っている、学問ではないなにかを学ばなければならない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーリンク