feedly hatebu line pocket facebook twitter rss github pinterest muku

社会問題

政治も経済もあまり理解できてないけど、今の日本は大丈夫なのか心配です…。
社会の心配より自分の心配をしろ!という声がどこからか聞こえそうですけど(笑)

県議員さんの号泣会見はインパクトも大きく記憶に新しいですが。2014年の6,7月あたりの話だったんですね。時がたつのは早いですね。

あの頃は笑って見過ごしてしまっていましたし、確かにあの議員さんは責められて仕方ありませんが、会見で訴えていた事実には日本の歪みが垣間見えた気がします。

少子高齢化問題は日本中の問題

人口をどんどん増やさないといけないという時代ではないですが、急激な人口の減少は特に子供が減少すると社会保障を支えられなくなるなど日本全体にかかわる大きな問題です。

だから、少子高齢化は早く解決しなければならない問題の一つですが、そのなかでもより重大な問題です。それは対策を行ってもすぐには結果に反映されないことと、様々な原因が絡み合っているからです。

すぐに反映されないというのは当然で、産もうとおもってもすぐに子どもが生まれるわけではないですし、結婚だったり、安心して出産できる環境を整備しなければならないし、対策に時間がかかるからです。

子育てと仕事の両立がむずかしい社会、若者の貧困化や経済的に不安定な状況、恋愛する余裕の無いほどの厳しい職務環境、政治的無力感、過度な個人主義…いろんな問題が最終的に少子化につながっている気がします。

とはいえ他の国についても出生率は減少しており、韓国、台湾、スペイン、ギリシャ、ドイツなどは特に出生率が低い国です。またアジア圏は急激に少子高齢化が進んでいるようですね

子どもたちに申し訳ない・この世の中を変えたい

結局大人が作った問題もなにもすべて子供たちに回ってくるんですよね。子どもたちはどうしようもないわけです。僕も大人として未来の子供たちが幸せに暮らせる社会のためになにかしていきたいんですが、どうすればいいのかわからない、自分のことで精いっぱいです。きっとみんなそうなんでしょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーリンク