feedly hatebu line pocket facebook twitter rss github pinterest muku

本気になる

前回の記事のつづき。というかついき。

前回の記事で、全力を出すのが大事だ(精神論)。みたいなことを言ったが、常に全力を出すというのは、ふつう簡単ではない。もちろん全力を出すことが大事なのはそうだが、そもそもそれができるなら問題など起きてないのかもしれない。

本気になることが難しいのは、自分がそれに価値を見出していないからだ。

本気になるっていうのは、他のことをなげうってでも行うということで、それは他のことより価値があるとみなしてなければいけない。リスクを取るには、それなりのリターンが必要だ。

やるべきことがあるのにそれをほっぽりだしてだらだらしたり、暇つぶしめいたことをしてしまうのは、暇つぶし以上の価値を見出していない証拠だ。

だから本気になれないことで悩んでる僕は、まず価値を見出すことから始めなければならない。

何にでも見出しうる価値の一つは、楽しいということ。つまりどうやったら楽しめるか考えることが一つの解決策である。

他に大きな価値は、生理的欲求(食欲、性欲、睡眠欲)。ただ、よっぽど特殊な状況(監禁されてたりして特定の行為をしなければ食べ物をくれないてきな。。)でないと、これを目的とする行為に結び付けるのは難しい。

他には、競争心というのもあるが、これは目的を見失いがちなきがする。

あとは、人のためという気持ち。これは案外協力で、ふつう人間は利己的な生物と思われやすい(?)かもしれないが、自分のために行う行動より、他人のために行う行動の方がより強い動機になる。

などなど動機はなんでもいいけど、動機ややりがいを探すことから始めなければ根本的に全力を出せるようになれない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

カテゴリー

最近のコメント

スポンサーリンク