feedly hatebu line pocket facebook twitter rss github pinterest muku

タイトルとテーマ

続けることが力。疑わないこと、憶さないこと、先を見据えること。

さてさて今日はタイトルとテーマの違いをテーマに書いていこうかと思います。

違い。

今回はあまり辞書的な定義にはこだわらずに、自分がどう考えているかを書き連ねていこうかと。

自分にとって、

  • タイトルは、完成した作品に付けるもの。
  • テーマとは、作品を作る土台となるもの。

です。

つまり、作品を作る前にあるのがテーマ、作った後にできるのがタイトルということです。

それで?

いやそんな違いを考えて何の役に立つねん。と言われればこの話はここで終わりですし、僕のブログ自体そういうなんの糧にもならなそうなものしか置いていませんので存在価値を失ってしまうのですが( ;∀;)

とはいっても、自分にだって書くきっかけくらいはあるもので。

そのきっかけというのが、自分はなぜ文章を書くのが遅いんだろうかという疑問です。皆さんこんなことで悩むことはないんでしょうけども、自分は世にいう当たり前のことが当たり前にできない、いろんなところでつまずきやすい人間なんですね。

それで一つの原因として自分が見つけたのが、先にタイトルを決めてしまっていたということです。

そのタイトルに当てはまるように文章を書こうとすると、どうしても書くことが狭まってしまってなかなか発想が続いていかないんですよね。自分が出したお題に、答えをぽんぽん挙げていく、一人大喜利をしているようなものです。

文章を書くのに慣れてるひとならいざ知らず、自分のような苦手な人がやる方法じゃないなと思いました(^_^;)

普段本を読むときなんかは、真っ先にタイトルが目に入ってくるし、原稿用紙でも、一番最初に書くのはタイトルです。じゃあ書くときもタイトルが先だろう、というような思い込みがいつの間にかできてたみたいです。

実際には、テーマが動機となって作品ができて、それに一つの句読点を打つようにタイトルを付けるのが、自然な流れなのかなーなんて今日はそんなことを思って、ブログのテーマにしてみました。

書き手は、テーマをもとに作品を作り、最後にタイトルをつける。逆に読み手は、それを解きほぐしていくものなので、タイトルを糸口に、読んでいくうちにテーマを感じ取っていくんだなと。

日々考えていること。

このテーマとタイトルは、何も文章を書くときに限ったことじゃないなとそんなことを思っています。

自分が何をしたいのかも、わからず生きていて、それでも仕事で私生活で、一人の人間としてどうしたら幸せになれるんだろうか、将来どうすればいいんだろう、ワークライフバランスをどうしようか、などいろんなテーマを抱えながら生きています。

考えても考えてもきりがない問題ばかりがあって、ずっとテーマを抱え込んだままにしていたり、ほったらかしにしていたり、気がついたら忘れてしまっていたり。

そんな時に、たまには振り返って自分がやってきたことにタイトルを付けたりすると、一歩ずつ前に進んでいけるんだろうか?

そんなことをことを考えているところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

スポンサーリンク

最近の投稿

最近のコメント

スポンサーリンク